スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

今できること

 2011-03-17
明日で、震災から1週間。
今だに死者数は増え続け、行方不明者も定まらない。

先週末は、寝る間も惜しんでテレビの震災報道にかじりついてました。
繰り返し報道される津波の脅威。
壊滅した町の状況。
そして、今にも恐ろしいことが起こりそうな原発。

ここ石川では、ほとんど地震の影響はありませんでした。
でも、テレビを見るたびに、
なんでこんな悲惨なことが起こるんだろう???
これからどうなっていくんだろう???


そんな中、週は明けて、私は普段どおり仕事。。。
他社での勤務なのでネットが出来ず、朝晩のニュースで被害の拡大を知る。
そして、今もなお、苦しんでいる人がたくさんいる。


悩んだ。。。
自分は、こんな普通の生活をしていいのか。。。


ネットを見てみると、私と同じ気持ちの人がたくさんいました。
・被災者のことを考えると、胸が痛い。
・でも、実際被災していない自分は、何をやっても偽善と思われるかもしれない。
・でもそれでも何か、出来ることはないか。


私に今できること。
今現地に行っても足出まといだし、節電しても意味がない。
いろいろ考えた挙句、思いついたのは。。。

いつも通り、一生懸命働いて。
ちゃんと食べて、ちゃんと寝て、バスケやって、しっかり遊ぶ。
デマに流されず。
出来る限りの募金をして。
少しでも早く、日本が復興できるように、願い、ともに戦う。
(不謹慎かもしれません。でも、私に出来ることっていったら、日本経済の足しになることぐらいかなと。。。)


変なチェーンメールが出回ったり、募金を称する詐欺が出てきたり、パニックで買占めが起きてしまう現実に、怒りと言うより悲しみを感じてしまいます。


でも、それ以上に暖かい話もあって、毎晩目頭が熱くなってしまいます。。。

海外からのメッセージ、義捐金、支援の輪。

昨日のスポーツニュースで、ヨーロッパでのサッカーの話題。
試合前に、日本の被災者のために黙祷。日本語で書かれた「頑張れ、日本!」の横断幕。

同じくサッカーの話題で、代表の親善試合は中止になったが、ニュージーランドとのチャリティーマッチを企画。

アメリカで、「なぜ略奪ないの?」=被災地の秩序、驚きと称賛との報道。


以下、他サイトからの抜粋(リンクは古いかもしれません)。
--------------------------------------------------------------------------------------------
ツイッターより引用
RT 言葉になりません。 夜、福島原発作業員の友人からメールが来たんだが、『俺たちが死んでも、メルトダウンは絶対に起こさせない』とだけ。大号泣した。 文句を言っている人に伝えて下さい。 みんな頑張っています。
--------------------------------------------------------------------------------------------
今私たちにできる事は節水節電と募金です
●支援物資を送りたい方は団体を通し、決して現地に直接送らない
●献血は1度すると2,3ヶ月できないので今は不足していないため1週間以上期間を空けてから行いましょう
●ボランティアを現地でしたい方、こちらも団体を通して参加して下さい
現地での自分の必要物資を持っていかない、宿泊場所を確保せずに行くなど未経験者の方の行動は正直迷惑になります
--------------------------------------------------------------------------------------------
初めて、コメントします。
僕は今、中国の無錫という所で仕事をしています。中国でも連日のようにトップニュースで東日本大地震の事が放映されています。
今日、現場の工員から、1000元(日本円で1万3000円)ちょっとのお金を手渡されました。工員達がちょっとずつ集めた募金だったのです。渡してくれた工員は、『ちょっとしかないけど、日本に帰国したときに募金をして。』『いつも御世話になっているあなたの国の人が困ってるならこのお金を使って』『あなたは四川の地震の時に私たちの何倍ものお金を募金してくれただから、持ってかえって』『四川の時に募金が消えるという事があったけど、日本の人は信頼できるでしょ?』と言ってお金を渡されました。泣きました。工員の前で号泣しました。毎月日本円で約3万ほどの給料の工員がちょっとずつ集めたお金を手にして、涙が止まりませんでした。ちょっとでもいいから自分達に出来る事を行動に移した工員達に感謝をして、次回帰国の際にこのお金を日本に持ち帰って募金します。そして、こんな動きがちょっとでもいいから広がる事を願っています。長々とコメントを書いて申し訳ありません。ちょっとでもこの事が世間に広がって欲しかったからです。
--------------------------------------------------------------------------------------------
痛切です。阪神淡路で被災された今村岳司さんのブログ。「呼ばれでもしないかぎり、絶対に被災地に行かないこと」「要請されないかぎり何も送らないこと」「ぜったいにこちらから安否確認の通信をしないこと」 http://ow.ly/4dJRK
--------------------------------------------------------------------------------------------
すごいよ…鳥肌立ったよ…17時発表で自衛隊が救出した被災者の数、16000人だよ…!12時間で6000人救ってるよ。ありがとう。本当にありがとう!!ソース→http://bit.ly/ib4Fap
--------------------------------------------------------------------------------------------
募金しない人が悪いんじゃない。 節電しないお店が悪いんじゃない。 支援を送らない企業が悪いんじゃない。 行動出来た人たちが凄いんだ。それ以外に意味を与えてはいけない。 善意の強要は悪意をまとう。 献血出来ない身体の人だって、募金出来ない経済状況の人だっている。 皆気持ちは一緒だ
--------------------------------------------------------------------------------------------
3日ぶりに救助されたおじいちゃんが、超笑顔で。
「また再建しましょう!」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13850561
--------------------------------------------------------------------------------------------


あるサイトで、被災者・復興に向けて、みんなよく使ってた言葉。
「俺たちは強い!」
スポンサーサイト
カテゴリ :ぼやき トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。